お金に関する大切なこと

 婚活をしていくうえで、特に女性は、相手の年収を気にすることと思います。そして、この年収が鬼門になる人も多いです。
 男性だと、額によっては選択肢にすら入らない、土俵にすら上がれない、ということになります。一方、女性だと、理想の生活を叶えるためにシビアにチェックせざるを得ない、ということになります。
 でも、あなたは年収と結婚するのですか?本当に大切な、お金に関することは、それではないのでは?
 今回は、年収などお金まわりに関することを書いてみます

目次

1. なぜ年収にこだわるのか
2. 収入の範囲内のどこで人生を充実させているのか
3. 利己的よりも、利他的な一面があるのかどうか
4. まとめ

なぜ年収にこだわるのか

 なぜ年収にこだわるのか?それは、行きつくところは “何不自由なく生活するため” かと思います。
 そうなると、高いに越したことはありませんよね。
 それでは、記載されている年収について。もしかして、そのお金のほとんどを“共同生活のため” または “あなたのため” に使われる前提で考えてはいませんか?
 本当に大切なのは、「年収」の数字ではなく、お金に対する「価値観」や「使い方」ではないでしょうか。
 その人は、年収600万でも浪費家で、貯金がないうえに、贅沢が大好きかもしれません。一方で、年収450万でも倹約家で、計画的に貯金&将来に備えているかもしれません。
 ここで言いたいことは、年収だけで判断することが良くない、ということではありません。
 数字だけに目先を奪われることは危ないです、ということです。
 なぜなら、“年収以外の希望条件が合致していて、しかも気も合う” 相手とのご縁を逃してしまい、結果として婚活が長期化しかねないからです。

収入の範囲内のどこで人生を充実させているのか

 お相手の趣味が何なのか?に興味が出ますよね。でも、ご自身に合わない趣味だったとしたら…。でも、貴重なご縁を、そんな理由で自ら手放すのは、ちょっともったいないと思いませんか?
 大事なのは、楽しみ方が生活をする上で無理のない範囲かどうか。
 例えば、趣味が「海外旅行」だとして毎月是が非でも行かないと気が済まないのか。それとも、楽しみにじっくり調べて、数年に一回行ければ満足なのか。
 「バイク」が趣味だとしても、日夜パーツを収集して改造するのがメインなのか。それとも、乗れればよくて、それに加えて観光地を巡ることも趣味なのか。
 睡眠と食事を削ったり、お金を借りないと成り立たないのであれば考えものです。
 逆に、あなたの趣味を尊重してくれて、かつ十分な生活水準であれば、「まぁいいか」と寛容に捉えてもいいのではないでしょうか。

利己的よりも、利他的な一面があるのかどうか

 これは、主に行動と会話から判断していきます。
 まず、行動では<損得へのこだわり>についてです。
 二人一緒の支払いのタイミングが分かりやすいです。
 ただ、奢る又は割り勘は、表面上の可能性があり、その場面だけで相手の根っこを見定めるのは難しいです。ここでは、1円単位での割り勘を細かく要求してきたときには注意しましょう。
 「せこいなぁ」と人間的魅力に欠けるのとは別に、1円単位での割り勘には “自分の損は許せない” という考え方が土台にあるかもしれないからです。
 この考え方が悪いわけではありません、まずは自分の身が第一というのも分かります。
 ただ、極端な例を挙げると、あなたが大怪我をしたとき、もしくは結婚式を検討したとき、吟味せずに「こっち(病院/式場)のほうが安いよ!」と決められたとしたら、どうでしょうか?
 想像するだけで嫌になりますよね。
 損得の考え方は、日常の些細な場面で登場します。
 細かいストレスは蓄積すると大きなモヤモヤになり、いつか爆発しかねません。

 次に、会話では<他人への心くばり>についてです。
 相手と、昔やここ最近のことを話す際に意識してほしいポイントが、喜ばせたい方向がどこを向いているのか、です。
 例えば、トークテーマが「贈り物」の場合。
 身近な人の誕生日・お世話になった人へのお祝いといった、周りのためにお金を使う習慣がある相手であれば、お互いに幸せになれるお金の使い方をするでしょう。
 例えば、お店で「〇〇が■■円って高いね。△△なら●●円なのに」といった比較する言動。
 また、お金を出し合って買ったものを誰よりも多く使った・飲んだ・食べたことを自慢げに話すようなことがあれば、周りよりも “自分さえ良ければ” といった思考の持ち主かもしれません。
 使った側も貰った側も幸せになる使い方(=生き金)をしている人は、周りを幸せにしていきます。
 そのような人とのご縁は、ぜひ大事にしていきましょう。
 なお、デートで男性がお金を払うのは見栄の可能性があります。
 ご馳走してくれたからといって、周りへの配慮がある人、とは限らないので混同しないように注意してください。

 最後に、違和感は、スルーせずに照らし合わせましょう
 お金に対する考え方・使い方には、人間性が透けて見えます。
 ただ、相手が自分と異なっていたとしても「ありえない!」と否定するのはだめです。
 あなたの非常識が相手にとっての常識かもしれないし、相手の非常識があなたにとっての常識かもしれないからです。
 優先順位や使いどころが、自分と近い人を柔軟に探していきましょう。

まとめ

 特にネット上の記事に多いのですが、年収がすべてのような意見が幅を利かせているのが、今日の婚活の状況です。しかし、年収以上に大切なのは、お金の使い方などにみられる、生活の価値観です。
 年収だけに固執するのではなく、そういう面の合う人を探す方が、後の結婚生活はうまく行きます。なので、お金では測れない面を、十分に考慮しながら、自分に合ったお相手を探してみてください。

婚活・結婚相談コラムに関連する記事

婚活市場で「働く女性」がモテる理由の画像

婚活市場で「働く女性」がモテる理由

 「婚活」は、就活と同様に自分の市場価値を冷静に分析し、その魅力を相手に伝えることができないとマッチングしません。本気で結婚したいなら、ありのままの自分を愛してくれる人をぼんやり待っているだけ...
今の男性に「男らしさ」を求められても・・・の画像

今の男性に「男らしさ」を求められても・・・

 最近の婚活では、「女性余り」が話題となっております。特に、35歳以上の女性の婚活に関しては、このことがよく言われます。
 ところで、彼女らの求めることの中に「専業主婦希望」があることでもわかる...
結婚に必要な条件は?妥協していい・してはいけない条件の画像

結婚に必要な条件は?妥協していい・してはいけない条件

 令和6年度が今月からスタートしました。年度が新しくなったことで、心機一転結婚相手を探そうと思っておられる方も多いかと思います。
 この先の人生を共に歩むパートナーを探すのですから、幸せな結婚生...