女性が嫌う、男性にありがちな共通点

 モテる男性は、モテるべくしてモテています。顔がかっこよくて着こなしがお洒落で、話が上手で、やさしくて、頼りがいがあって……そうなれば誰に聞いても、「彼っていいよね」と言われ続けるものです。
 一方で、「モテない男性も、モテないべくしてモテていない」という現実もあります。どの女性にもウケが良くなく、結婚相談所でも何度もお断りされ続ける、しかも、本人はそれがなぜだかわかっていない人がいるのです。
 今回は、モテない男の条件を挙げていきます。自分が当てはまっていないか、確認しましょう。

目次
1. 女性に対して、無駄な気を遣う男
2. 男女平等をはき違えている男
3. 行動すべてが粗暴な男
4. 他人には一切お金を使いたくない男
5. いちいち自分の顔や髪型をチェックする男
6. まとめ

女性に対して、無駄な気を遣う男

 女性に無駄な気を遣ってうまくいかなかったことありませんか? 例えば、デートに誘うシチュエーション。
 婚活現場で見かけるのが、「看護師だから、土日は会えないよね……」「忙しいから今月は無理か」などと、誘ってもいないのにいらない気を遣って、ただただ否定的なメッセージだけを送る男性がいます。むしろ、「遅い時間に電話したら悪いから」と思い込んで数週間、音沙汰ナシのまま放置という男性もザラにいます。これ、自分から次に会う可能性を閉ざしています。
 女性は迷っているときほどはっきりと意思表示されることで、相手男性の好意を感じます。先ほどの言い方では、女性からしてみたら「なんなの……私に興味ないってこと?」としか捉えようがありません。
 女心が分からないどころか、ひとりで自滅しているんです。「次いつ空いてる? 僕は月曜日と水曜日と土曜日は空いてるんだけど、食事でもどう?」とストレートに、スマートに言えばいいんです。
 言えないのであれば、言えるように訓練をするしかありません。

男女平等をはき違えている男

 荷物を持ってあげるだけで、ときめく女性もいるんです
 ところが、「職場では男女平等と言われているんだから、プライベートでも男女は平等であるべきだ!」という男性、いますよね。
 でも、女性は男性に比べて、体が小さく、体力もないことが多いのは明らか。なのに、女性が重い荷物を持っていても手伝う必要がないと、デート中でもそんなことが言えますか? それでは「この男、ないわ……」と思われて終わりです。それがモテないってことなんです。
 荷物を重そうに持っていたら、「大変そうだね。僕が持つよ」と言って、荷物の1つや2つ持ってあげる癖をつけましょう。それくらいで「頼れるな、守ってくれてるな」と感じ、キュンとくる女性がいるなら、得していませんか?

行動すべてが粗暴な男

 気遣いできない、乱暴な仕草の男性はモテません
 扉をバンバン閉めたり、声を荒げたり、必要以上に大きい声で笑ったりしていませんか? なぜダメかと言うと、女性からすると、無意識に“怖い”と感じるんです。今時の女性はそんなに弱くないだろうって? 女性は男性より力が弱いと感じているので、よく知らない男性が大きな体で乱暴な行動をしていたら、身の危険を感じ、仲良くなる前に避けられてしまうことがあります。これでは、モテるわけがありません。
 特に男きょうだい育ちの男性は、無意識にやっていることがあるので要注意です。女きょうだいがいる人は女性という生き物を理解しているので、家庭の中で自然と気を付けるようになり、気が利く男性になりやすい傾向があります。
すでに乱暴な仕草が染みついているという人はどうすればいいか、アドバイスはずばりこれです。
 「女性をお姫さまだと思え」これに尽きます。ただでさえ乱暴なんだからそれくらいでちょうどいいのです。

他人には一切お金を使いたくない男

 もしかして、1円単位まで割り勘していないですよね?
 今時デートの費用を全額出せとは言いません。男女どちらにも言えることですが、軽食やカフェなどなら、無理なく払えるはずです。「ここは僕が出すね」と言って、払う姿勢を見せてください。
 そもそもお金がないなら仕方ないですが、自分の趣味にはドンドンお金を使って自慢していたのに、いざデートになるとキレイに割り勘する男性って、いますよね。1円単位の端数まで割り勘する、何なら「○円はあげるよ」なんて勝ち誇ってませんか?
 婚活現場で見かけるのは、デートなのにカフェで別々に並び、自分だけ会計だけ済ませて一人とっとと席に着いているような男性。はっきり言ってこんな人と結婚生活で、一生共同作業できると思えません。
 先にも書いた通り、相手への気遣いが必要なのです。

いちいち自分の外見をチェックする男

 デート中ことあるごとに自分の外見をチェックする男。一体誰とデートしているの?デートの時、鏡越しに自分の姿をいちいちチェックする男性。今すぐやめましょう。そんな姿を見た女性はドン引きです。
 もちろん身だしなみは大事ですが、「え、“今日の俺イケてる!”とか思ってる? 周りの人も見てるし……超ダサイ……」と思われます。 
 もしあなたが「今日の俺、大丈夫かな?」という謙虚な気持ちだったとしても、そんな風に伝わりません。なぜなら、女性がドン引きしていることに気づいていない、つまり、自分のことしか考えていないと思われるから。いったい誰とデートしているの?
 デートの時間は短いもの。そんな暇があったら、彼女を気遣ってください。自分のことばかり考えて周りが見えていない人は、モテないべくしてモテてません!

まとめ

 「女性の扱い」と繰り返しお伝えしてきましたが、これは「女性に媚びを売れ」という意味ではありません。スマートにエスコートできる男性は、女性から見てカッコイイから、自分のためにもやったほうがいいんです。慣れれば簡単です。
 しかも、女性は、エスコートされている女性をうらやましいと思うんです。「いいな、大事にされていて、愛されていてうらやましい。ステキな彼氏だね」と言われて、あなたの株もグイグイ上がるってことなんです。周囲の女性に「いいな」と思われることは、非モテからの脱出の第一歩なのです。

婚活・結婚相談コラムに関連する記事

婚活市場で「働く女性」がモテる理由の画像

婚活市場で「働く女性」がモテる理由

 「婚活」は、就活と同様に自分の市場価値を冷静に分析し、その魅力を相手に伝えることができないとマッチングしません。本気で結婚したいなら、ありのままの自分を愛してくれる人をぼんやり待っているだけ...
今の男性に「男らしさ」を求められても・・・の画像

今の男性に「男らしさ」を求められても・・・

 最近の婚活では、「女性余り」が話題となっております。特に、35歳以上の女性の婚活に関しては、このことがよく言われます。
 ところで、彼女らの求めることの中に「専業主婦希望」があることでもわかる...
結婚に必要な条件は?妥協していい・してはいけない条件の画像

結婚に必要な条件は?妥協していい・してはいけない条件

 令和6年度が今月からスタートしました。年度が新しくなったことで、心機一転結婚相手を探そうと思っておられる方も多いかと思います。
 この先の人生を共に歩むパートナーを探すのですから、幸せな結婚生...